美白に紫外線対策は大事

※紫外線は曇り空でも現れる!
この季節なら大丈夫だろうと思ってしまうのが、どうしても秋から冬にかけての季節。
確かに紫外線は夏に比べるとぐんと減っていますが、減っているからといって油断大敵、曇り空だからすっぴんでいいや!
そう言ってスーパーに出かける事を続けると、いつしかあれ?と思うようなシミがポツポツ。
うかつだったと慌てて、美白効果のあるローションマスクで集中ケアしました。
なんとかシミは目だ立たないくらいにまで回復はしましたが、気をつけないと。
秋から冬にかけては隠れ紫外線の他にも要注意があるのです。
それが肌の乾燥です。日焼けは暑い日差しに肌をさらして焼く事で日焼けするのですが、日焼けの応援をするのが乾燥している空気だってご存知でしたか?
日焼けの時に心地いい夏の風が吹くと気持ちよく感じるかもしれませんが、実はそれが日焼けの効果をアップさせるそうです。
気をつけないとですね。

 

※美白ケアは寝ている時が効果大です。
うっかり日焼けも、いつの間にか日焼けも、充分にお手入れして労ってあげて下さい。
肌を化粧水で潤すなり引き締めるなり、そして忘れてはいけないのが、充分な睡眠をとる事です。
しかも良質な睡眠は美白ケアの効果を最大に引き出してくれます。
グッスリと眠る事で、肌のターンオーバーのリズムがきちんと行われて、翌日には昨日傷められた肌が少なからずとも回復していることに気づくはずです。
どんなに焼かない日焼け止めクリームを使っても、その後のお手入れが大切なのです。
美白ケアのとは、肌を白く透明感に満ち溢れるようにするのが目的なのです。
強い日焼け止めクリームを使用したら、充分なクレンジングでそのごは、たっぷりと肌を優しくお手入れしてあげて下さい。
美白ケアに欠かせないのは、充分な水分と潤いを、乾燥を防ぎ、そして良質な睡眠をたっぷりとる事です。
寝る前に、美白ケアに専用の、お粉(美白パウダー)をナイトクリームの後にパタパタと叩いて眠ると、よりいっそう美白効果が上がりますよ。